歯ならびの症状と治療例

歯ならびの症状と治療例


①乱ぐい歯・八重歯

【症状】歯ならびがガタガタしている

①乱ぐい歯・八重歯

【症状】歯ならびがガタガタしている

歯が前後にズレていたり、捻じれていて凸凹している症状を『叢生(そうせい)』『捻転(ねんてん)』と言います。歯ならびでお悩みの方のよくある一般的な症状です。治療期間は、歯の重なりが軽度であれば6ヵ月~1年通常は1年~1年半くらいで歯ならびはキレイに改善します。
【注意点・リスク】
矯正治療後に、保定装置(マウスピース)を指示通りに使用しないと歯並びが後戻りをしてしまう可能性が高まります。

叢生の症例 症例① 捻転の症例 症例⓶ 歯がガタガタの症例 症例③


②出っ歯

【症状】上の歯が前に出ている

②出っ歯

【症状】上の歯が前に出ている

『上顎前突(じょうがくぜんとつ)』と呼ばれ、歯列矯正治療を希望される患者様の主訴として多い症状のひとつです。治療方法としては、歯ならびを改善しつつ、前歯を可能な限り後ろに下げていきます。
【注意点・リスク】
歯を抜かない歯列矯正治療だけでは、歯ならびや前歯の傾斜角度は変えることはできますが、“骨格”や“顔貌”までは変えることはできません。
※横顔(E-line)を変えるには、抜歯矯正や外科手術が必要です。

上顎前突の症例 正面 出っ歯の症例 側面


③受け口

【症状】下の歯が前に出ている

③受け口

【症状】下の歯が前に出ている

『反対咬合(はんたいこうごう)』と言われます。劇的に歯ならびが改善するため、歯列矯正治療をされた患者様の満足度が高いケースです。
【注意点・リスク】
遺伝的な骨格的要因がある場合は、歯列矯正治療では改善できないケースもあります。

反対咬合の症例 症例① 受け口の症例 症例⓶


④すきっ歯

【症状】歯と歯の間にスキマがある

④すきっ歯

【症状】歯と歯の間にスキマがある

歯と歯の間にスキマがある歯ならびを『空隙歯列(くうげきしれつ)』と言います。顎骨の大きさに対して歯の大きさが小さい、もしくは歯の本数が生まれつき少ないことが原因です。
【注意点・リスク】
矯正治療後に、保定装置(マウスピース)を指示通りに使用しないと歯並びが後戻りをしてしまう可能性が高まります。

空隙歯列の症例 症例① すきっ歯の症例 症例⓶


⑤開咬(かいこう)

【症状】奥歯で噛んだ時、上と下の前歯の間にスキマがある

⑤開咬(かいこう)

【症状】奥歯で噛んだ時、上と下の前歯の間にスキマがある

奥歯で噛んだ時に上と下の前歯の間にスキマがある状態を『開咬(かいこう)』と言います。主な原因としては嚥下時の舌癖(舌前突癖)が考えられます。
【注意点・リスク】
歯列矯正治療では、ゴム掛けと呼ばれる治療を行い、上と下の前歯の間のスキマを閉じますが、開咬は舌癖が改善しない限り、必ず軽度の後戻りを起こします。

開咬の症例 症例① 開咬の症例 症例⓶


⑥過蓋咬合(かがいこうごう)

【症状】奥歯で噛んだ時に、下の前歯が見えない

⑥過蓋咬合(かがいこうごう)

【症状】奥歯で噛んだ時に、下の前歯が見えない

上下の前歯の重なりが深い状態を『過蓋咬合(かがいこうごう)』と言います。
【注意点・リスク】
過蓋咬合を顎関節症の原因と述べられていることがよく見受けられますが、因果関係はないと考えております。

過蓋咬合の症例 症例① 過蓋咬合の症例 症例⓶